ローン地獄からの脱却

住宅をローン購入したのは良いものの、その後の支払いに関して苦しくなった人も多いのではないでしょうか。特に、2013年現在、住宅ローンの金利動向は明らかです。今にも高騰し始めると多くの専門家が口を揃えています。参考:住宅ローン 金利

自ら出来る解決のひとつに任意売却という方法があります。 

住宅ローンの返済に困った時、あなたはどうしますか?強制的に格安で売られる競売を選びますか?それとも自分の意志で売却することを決めて、引越し代などに当てられる余剰金利も手元に残せる任意売却を選びますか?人生で一番高価な買物である住宅、不動産を手に入れることは至難の業です。将来のお金をあてにできるのであれば、利用しない手はないでしょう。ものを手にする代わりにその商品の価格とそこに上乗せされた金利を分割して月々支払うことを分割払いと呼びます。この分割ローンのお陰で欲しいものを入手することが簡単になり、生活に必要不可欠なものとなっています。事実、お金を計画的に借りて、計画的に返すことを念頭に入れられれば、非常に便利な制度であるのは間違いないでしょう。しかし、もしローンの返済をやめたらどうなるのでしょうか? 住宅ローンを担保にした借入を滞納したままにしておくと、債権者(金融機関などの債権者)が債権の回収のために、担保となった不動産の競売を裁判所に申し立てることになります。競売になったら強制的に、裁判所の手続きによって売却されます。競売では、市場価格よりも格安な価格での落札となり、代金は全て返済に充てられるため、所有者の手元には配当が回ってきません。やはりそこでも任意売却が注目されています。